フォトン

オーディオマニア

オーディオマニア !
今では絶滅した恐竜のような存在になりつつありますね ! まだまだマニアの方は大勢いらっしゃるかと思いますが、多分、年代は40〜50代以上に集中しているかと思います。
私がオーディオに嵌ったのは高校生の時で、今から30数年前 ?の話です。 ただ、その頃は当然小遣いも少なく、親に買って貰ったシスコンで我慢していました。
本格的にオーディオを揃え始めたのは大学に入ってからで、生活費を節約したりバイトしたりで溜めたお金をつぎ込みました。最初に買ったのがパイオニアのカセットデッキとパワーアンプで、パワーアンプについては、現在も現役で使用しています。
UPした写真は、4年以上前に友人から借りた真空管アンプを撮影したものですが、レンズはOMレンズです。今となっては、どんなレンズを使用したのか見当もつきません(笑)
今、私が所有しているシステム(機器)は、殆どがオークションやハードオフ当たりで安く購入したビンテージですが、改良したり工夫したりで、素晴らしい音を奏でてくれます。
これから機会を見つけて紹介していきたいと思います。
E-300+OMレンズ
a0110584_22514039.jpg



2/5
昨日、オークションの話題が出てきましたが、私はオークション大好き人間で、売り買いを頻繁に行っています。さすがに最近、売り物が無くなって、買う方が多くなっていますが・・・!
やり方としては、中古ショップで掘り出し物を見つけて、ヤフオクで高値で売り捌いたり、ヤフオクでジャンクを購入し、ちょっと手直しして、高値で売り捌くようなあくどい? ことをしています(笑)
下の写真は、20年以上前に発売されたマランツの名機(CDプレーヤー)ですが、トレーの動きが悪くなっているものを安く買って、ベルトを交換して高値で処分しています。
このプレーヤーは音が素晴らしく、今でもヤフオクで高値が付いています。
a0110584_21482514.jpg


# by kame3z | 2009-02-04 22:59 | Audio | Comments(17)

伊丹市昆虫館

伊丹市の昆陽池公園にある昆虫館では、一年中温室で蝶が飼育されており、真冬でも飛び回る蝶を観察することができます。冬場は昆虫はいないし花も少ないので、マクロ撮影には最高の場所です。撮影は昨年の12月で、E-3の調整後となります。
下にUPした写真ですが、ぱっと見、ED50Macroのように思われるのでは ?! 実はED50-200SWDです。50-200の解像度には定評があるところですが、この写真を撮影して、改めてこのレンズの凄さを実感した次第です。
また、調整後の色合いに、気のせいか落ち着きが出たような気がします。色被りが少なくなり、よりナチュラルさが増したような気がします。これは50Macroでも同様です。50Macroについては、期待させて申し訳ありませんが、後日UPさせて頂きます。

オオゴマダラ E-3+ED50-200SWD  200mm 1/250 F3.5 ISO250
a0110584_11375847.jpg


オオゴマダラ E-3+ED50-200SWD  158mm 1/250 F3.5 ISO320
a0110584_12243892.jpg


リュウキュウムラサキ
E-3+ED50-200SWD  158mm 1/400 F3.5 ISO100
a0110584_1150579.jpg


2/2
50Macro以外の写真を追加します。最初の写真はED14-35+EC-20で撮影しました。14-35は寄れないレンズなので、近接撮影する時はEC-20を付けることが多いです。EC-20を付けるとED12-60程度の近接撮影が可能となります。F値は同じになりますが、写りは断然こちらの方が良いと思います。

オオゴマダラ  E-3+ED14-35+EC-20   54mm F4.0 1/100 ISO200
a0110584_20445143.jpg


50-200の追加です (^^;)
ツマベニチョウ  E-3+ED50-200 200mm  1/250 F3.5 ISO200
a0110584_20463647.jpg

# by kame3z | 2009-02-01 11:55 | Photograph撮影スポット | Comments(19)

蝶の撮影

冬に蝶の写真は季節外れとは思いますが、ED14-35やライカのレンズばかり紹介しているので、ちょっと趣向を変えてED50Macroで撮影した写真をUPします。50Macroは私が使っているレンズの中では一番古く、お気に入りのレンズでもあります。このレンズにEC-20を組み合わせて等倍マクロとして使うことが多いですね !
ZDレンズ群の中でマクロというと、35Macroとこのレンズしかありません。マクロが得意なオリンパスにしては少ないと思いますが、この50Macroを使用すると納得できます。35Macroも所有していましたが、EC-20を購入し、等倍マクロの撮影が可能になったので処分してしまいました。
等倍での解像度という点では、シグマ150Macroの方が多少上回るような感じもしますが、多少発色に癖のあるシグマに対して50Macroはあくまでナチュラル ! しかも小型軽量で、フォーカススピードもそこそこ速いので、昆虫のトビモノ撮影にも利用しています。
寄れない14-35を補完する50Macroはベストな相棒です。これに11-22と50-200・EC-20があればどんな被写体でもOKですね !

ところで、UPした写真はE-3の調整前で、まだ多少ピントが甘いかと思います。昨年11月に調整した後に撮影した写真はジャスピンで、素晴らしい結果を出しました。後日、昆虫館で撮影した写真を紹介させて頂きます。

E-3+ED50Macro+EC-20
イチモンジセセリです。 とても可愛らしい蝶ですが、渡りもするたくましい蝶です。
a0110584_18564698.jpg


ツマグロヒョウモンの雌です。本来は沖縄とかの南方に生息する蝶ですが、温暖化の影響でどんどん生息域を広げているようです。
a0110584_1903010.jpg


ツマグロヒョウモンの近接撮影
a0110584_1911389.jpg


ヒラタアブ  5〜6mm程度の小さなアブです。
a0110584_0214311.jpg

# by kame3z | 2009-01-31 19:08 | Photograph昆虫 | Comments(10)