フォトン

薔薇の印象 荒牧バラ公園

兵庫県伊丹市にある荒牧バラ公園で撮影したバラです。
世界のバラ、約250種1万本が咲き乱れます。
当日・先週の日曜日は、ほぼ満開状態でしたが、
あまりに人が多すぎ、太陽も天頂にあったので、
撮影条件としては、今ひとつでした。
1万本あっても、撮りたいと思う花は、ほんの僅かですしね !

でも、今回はレンズに救われたようです(笑)

E-M1MARK II+ED35-100
F2.5
a0110584_20460471.jpg
F2.0開放
a0110584_20460031.jpg
F2.8
a0110584_20455658.jpg
F2.5
a0110584_20455298.jpg
F2.5
a0110584_20454711.jpg
F2.0開放
a0110584_20454119.jpg
これが、荒牧バラ公園です !
バラの撮影をしていて気がついたこと、
SSは殆ど限界の1/8000なのですね !!
全て開放で撮りたかったのですが、
オーバーしてしまうので、気持ち、絞る必要がありました。
F2〜F2.8ぐらいのレンズがちょうど良いのかもしれません。
a0110584_20461065.jpg



by kame3z | 2018-05-23 20:53 | Photograph花 | Comments(7)
Commented by mjiiji_hbaaba at 2018-05-24 23:15
天気が良すぎると困ることもありますよね(笑)

D 850のISO 64には時々助けられてます!
Commented by kame3z at 2018-05-26 05:03
じいじさま
確かに、D850のISO64には助けられます。
これがフルサイズだと、全く問題ないのですが・・・
マイクロだと基準がISO200になるので、
光耐性は半分なのです。

最近、OLYMPUSが力を入れているF1.2の単焦点は、
ポートレート、室内、夜景には力を発揮しますが、
ネイチャーには不向きで、
お値段もあり、手が出ません。
Commented by ヘンデル at 2018-05-31 15:46 x
確かに、本当に撮りたいと思う被写体はわずかですね。
最近、撮るべき被写体を峻別できるようになりました。
ただ、背景まではよく把握していないことが多いです。
被写体がいくら良くても
光の状態に気を使い様々なポジションで撮ることを
心がけています。

さて、健康のことですけど
耳鳴りはビタミンB群の不足が関与しているとか。

たとえばB12の不足は神経障害を招きます。
当然、耳鳴りとか起きますね。
野菜には全く含まれていません。魚類が多いです。

私などはサプリを2種類飲んでます。
ルテインの消耗が激しくサプリで補わないと悪化しやすいです、、、
あとはDHA。網膜に栄養が届くのを助けるとのことです。
私たちの年代では2400mgが推奨値で、
ほとんどの方が不足しているはずです。
どちらも眼科医と内科医に確認してのことです。
Commented by kame3z at 2018-05-31 21:20
ヘンデルさん
背景と光の状態は、勿論、大切ですが、
大切なポイントとして、
レンズと被写体の距離、被写体と背景の距離があります。
使うレンズによって、コントロールする必要があると思います。

耳鳴りですが、
私の場合、小さい頃、鼓膜を破ったことがあるのと、
二十年以上前に、突発性難聴になって、全く耳が聞こえなくなってしまったことがあるのが、
最大の原因のようです。
内耳に問題があるのでしょうね。。。
Commented by いなきち at 2018-06-04 22:49 x
バラが活き活きとしていて印象的です。
主役を真正面から捉える撮り方、とても参考になりました。

たくさんのバラの中から被写体を選ぶのは、私が最も苦手としていることです。
じっくり観察する必要性は分かっているのですが、早くシャッタを押したくて急いてしまいます。
ある種の興奮状態なのでしょうが、フォトンさんのように冷製に被写体を選別できる目が欲しいです。
Commented by kame3z at 2018-06-06 20:04
いなきちさん
バラの花に挑戦するのは久しぶりです。
以前、撮影した写真と比較すると、
撮り方がかなり違うような気がします。
進歩 ? はたまた退歩(笑)
カメラと使っているレンズの分だけ、
柔らかく自然に撮れているかな ?!
Commented by tkckphoto at 2018-06-20 19:31
ご無沙汰しております。
5月と言えばバラのシーズンですね。
こちらの方面にもバラの公園があるのですが、1時間半ぐらい掛かるので、滅多に行きません。
素敵なショットに癒されます。
<< 夕焼けの印象 雨晴海岸 虫たちの饗宴 >>