フォトン

黄金色の時

私の息子・長男は、10年ほど前に発症し、
入退院を繰り返していました。
先日、1月27日の土曜日になりますが、
突然の発作により急死、還らぬ人となりました。
享年32歳 !
人生はこれからなのに。。。

妻も私も、精神的にかなりのショックを受けましたが、
いくら悲しんだところで息子が生き返るわけではないので、
もう少し前向きに考え、二人で息子の分まで生きていこう・・・
という考えに変わってきています。

ということで、このブログもボチボチ再開したいと思います。
今後とも、よろしくお願いします。

明るい・黄金色の時の訪れを夢見て・・・

a0110584_19214546.jpg
a0110584_19213955.jpg
a0110584_19213497.jpg


by kame3z | 2018-02-08 19:23 | 日常的なこと | Comments(20)
Commented by chiba at 2018-02-08 20:37 x
ご長男様のご逝去に際し心よりお悔やみを申し上げます。
いろいろと大変だと思いますが、どうかくれぐれもご無理をなさいませんように。

私も体調を壊して、昆陽池には全然行ってません。
Commented by 平田幸晴 at 2018-02-09 08:30 x
始めまして。フォトンさんの美しい写真をいつも楽しみにしております。ご長男様のご冥福をお祈りいたします。
Commented by ヘンデル at 2018-02-09 17:39 x
大変お気の毒な事でした。
(信仰上、ご冥福をお祈りします
とは言えませんので、精神的には
同じでも表現が変わります。)

そろそろ、多少は落ち着いたかなと思い
メールを出すつもりでした。

日々、ご家族の上に
慰めがあるように日々祈っています。
Commented by tkckphoto at 2018-02-09 20:27
フォトンさん
ご子息様の訃報には大変驚いております。
ご冥福をお祈り致します。

また、素敵なお写真を見せて下さい。
ぼちぼちにして下さいね。
お身体を大切になさって下さい。
Commented by namihei at 2018-02-10 00:13 x
ご長男の訃報に接し、申し上げる言葉も見つかりません。
さぞかしおつらいでしょうが、どうかお力落しのないように。

お元気になられましたら、また素晴らしい写真を見せてくださるよう
祈念しております。
Commented by mjiiji_hbaaba at 2018-02-11 11:48
ご子息のご冥福をお祈りいたします
予想も出来なかったご不幸にかなり驚いております
子のわざわいほど悲しいことはありません
何も言葉が出てきません
Commented by smashige at 2018-02-11 21:51
美しい飛翔風景に、フォトンさんの思いを感じ、胸が締め付けられるような気がしました。
ご子息のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
Commented by いなきち at 2018-02-12 19:34 x
久しぶりに拝見したら、まさかのご不幸に驚いております。
ご子息は、以前清水の街角でお見かけしているので、なんともやるせない気持ちで一杯です。
どうかご家族の皆さまのお気持ちが落ち着きますよう、心からお祈りしております。
何かできることがありましたら、仰ってくださいね。
Commented by kame3z at 2018-02-12 20:34
chibaさん
ご心配掛けて、申し訳ありません。
やはり、撮影していると忘れられますね !
ユリカモメは残念ですが、
また、機会があったらよろしくお願いします。
Commented by kame3z at 2018-02-12 20:38
平田さん
私の拙ブログに訪問いただき、ありがとうございます。
不幸な出来事ではありましたが、
乗り越えて、これからもこのブログにもたくさん写真をUPしていきたいと思います。
気が向いたら、また遊びに来てくださいね。
Commented by kame3z at 2018-02-12 21:48
ヘンデルさん
なんとか落ち着いてきました。
私は無宗教なので、言葉には拘っていません。
仏式・神式の葬儀も行なっていません。
家族でお別れしただけです。
残された家族で、精一杯生きていこうと思っています。
Commented by kame3z at 2018-02-12 21:53
tkckphotoさん
私事でご心配掛けさせて、申し訳ありません。
なんとか落ち着いてきました。
まだ、本格始動までは至っていませんが、
ぼちぼち日常に戻りたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。
Commented by kame3z at 2018-02-12 22:23
namihei さん
現実に起こったこととは到底思えず、
しばらく、ボーッとしておりました。
時間が経つにつれ、
ポッカリ、穴が空いたように感じられます。
やはり、こどもが先に逝くと辛いですね !
Commented by kame3z at 2018-02-12 22:30
じいじさま
定めとは言え、子供に先に逝かれるのは辛いですね !
まぁ、あれこれ悩んでも、生き返るわけではないので、
前向き思考に変え、頑張りたいと思います。
ブログもぼちぼち再開しますね !
Commented by kame3z at 2018-02-12 22:50
須磨重さん
こればかりは、どうしよもないですね !
早く日常生活に戻りたいです。
今までの日常生活が異常でしたが。。。
Commented by kame3z at 2018-02-12 22:54
いなきちさん
ご無沙汰しています。
そうですね !
清水で私の息子に会われているかもしれませんね !!
病気になる前だと思います。

ブログはぼちぼち再開しようと思っています。
また以前のように遊びにきてくださいね !
Commented by 寺西 at 2018-02-13 12:13 x
こんにちは
いつも楽しみに拝見させていただいております
私もカメラが趣味で
いつも更新を楽しみにしている一人です

しかし、なんとショッキングな事なのでしょう
心よりお悔やみ申し上げます
心中察するに余りある出来事で
掛けるべき声もみつかりませんが
これからも私たち読者を楽しませてください
本当に楽しみで日々待ち遠しくてしょうがありません
これからも、よろしくお願い致します。
Commented by kame3z at 2018-02-13 20:23
寺西さん
励ましのお言葉、ありがとうございます。
これは、今まで以上に撮影・更新を頑張らねば(笑)

息子の死は運命と割り切り、ポジィティブ志向で頑張りたいと思っています。
撮影・表現は自己流で、
詳しい方から見れば、とんでも写真ですが、
少しでも参考になれば嬉しいです。
また遊びに来てくださいね !
歓迎します。

Commented by 10max at 2018-02-14 23:19 x
こんばんは。
・・・驚きました。
息子さんのご冥福をお祈りします。

私もつい一ヶ月前に心臓を一度止めて再度動かすという大手術を行い、幸いにしてこうして元気に生還できましたが、命の尊さについて考えざるを得ませんでした。

今こうして生きていることの貴重さ、そして私や私の身近な人の命がいつどうして消えないとも限らないということを胸に刻み、一瞬一瞬を大切にしたいものです。

大したお役に立てるとも思えませんが、私もフォトンさんのブログを楽しみにしている一人として、これからも少しでも楽しみを見つけていただき、そして読者を楽しませて頂ければとても嬉しいです。
Commented by kame3z at 2018-02-18 23:45
10maxさん
正月明けの入院は、大手術だったのですね !
生還されて幸いです。
医療技術が進歩しているとは言え、
100%の保証はありませんものね。

私も今回、命の儚さ・尊さを身をもって感じました。
早いか遅いかの違いでは片付かない、
苦しみと悲しみを感じた次第です。

仰る通り、この出来事を胸に刻み、
残された人生の一瞬一瞬を大切にしたいと思います。
<< 生きているミュージアム ニフレル 天に昇れ >>