フォトン

<   2017年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


タマネギの収穫と保管

ちょっと趣向を変えて、
園芸ネタなど !

タマネギの収穫と保管の方法について、
自分なりに研究して実行した手順をUPします。
参考にしていただければ ! と思います。

まず、収穫のタイミングですが、
タマネギの葉が倒伏し始めたら、収穫時期のサイン !
ただ、倒れても玉の肥大は続きますので、
8割ほど倒れてから1〜2週間前後が目安になるでしょう。
天気が2〜3日続いて、地面が乾いている状態がベストです。
a0110584_19490024.jpg
ここまでは教科書通りです。
ここからですね !
この後、根切りという作業になります。
「葉を持って引き抜く」のが一般的な収穫ですが、
私は、小さなショベルですくい上げるように抜きました。
葉を持つと葉を痛めるし、無理やり引き抜くと、根が切れます。
腰も痛めますしね(笑)
痛めた葉や切れた根から菌が入る可能性があります。

土ごと持ち上げ、優しく土をほぐします。
a0110584_19485209.jpg
この後、写真のように陽に晒します。
a0110584_19485525.jpg
朝、根切りをしたら、午前中、この形で乾かし、
午後には、反対側を乾かします。
a0110584_19484859.jpg
一般的には、2〜3日畑で乾かすのですが、
夜間に雨が降ったり、朝露が降りたりすると、
せっかく乾いた根が生き返りますし、乾かす意味がなくなります。
夕方に、そのままの状態で、コンテナ・ダンボールに収納します。
そして、雨が当たらない軒先き等で、扇風機で乾燥させます。
写真は、4日ほど経過した状態です。
a0110584_19484391.jpg
教科書では、葉を15cmほど残して、
束ねて、日陰で雨が当たらない、風通しの良い場所にぶら下げて干しますが、
なかなかそんな都合の良い場所は見つからないでしょう。
束ねるのも、けっこうメンドくさい !
また、日が経つと、葉が枯れたり腐ったりして、玉が落下したり、
玉そのものが(葉から菌が移って)腐ってしまう危険性があります。

そこで、4日〜7日ほど経過したら、葉を根元から指1本分残してカットしてしまいます。
a0110584_19483990.jpg

a0110584_19483503.jpg
葉をカットした玉は、コンテナに並べて扇風機で乾かします。
根はカットしません。
ちょうどクッションの役目もするので、
このまま長期保存するのであれば、
食べるときにカットすれば良いと思います。
a0110584_19483060.jpg
1〜2週間、扇風機で乾かすと、こんな感じになります。
この状態になれば、コンテナで積み上げ、風通しの良い場所に置けば、
長期間、保存できると思います。
(風通しの良い場所が無ければ、扇風機で微風を当てると良いかな。。。)
玉を重ねない、薄手のコンテナが理想です。
a0110584_19482547.jpg
通常、赤タマネギは、長期保管が難しいのですが、
今回の処理で、どの程度、保存できるか楽しみです。




by kame3z | 2017-06-18 21:15 | 日常的なこと | Comments(4)

夕日

先週、日曜日は、印象的な夕日でしたよ !
このような夕日は、大気が澄み切っているからこそ見られるもの。。。
アメリカ合衆国・トランプがパリ協定脱退表明したりで、
地球環境の保護が後退していますが、
この美しさを、是非、後世に残してもらいたいものです。

E-M1MARKII+M.12-100
12mm
a0110584_23100698.jpg
35mm
a0110584_23100114.jpg
24mm
a0110584_23095764.jpg
16mm
a0110584_23095270.jpg
E-M1MARKII+M.7-14
7mm
a0110584_23094767.jpg






by kame3z | 2017-06-15 23:13 | Photograph風景 | Comments(8)

FREEWALKER 20mm F2.0 SUPER MACRO 試写

今、話題 ?の中一光学、FREEWALKER 20mm F2.0 SUPER MACROです。
銀塩時代にOLYMPUSが販売した

ズイコーオートマクロ20mm F2という接写専用レンズのリバイバル版です。
接写倍率が4〜4.5倍ということで、
これを4/3で使うと9倍ということになりますか?!
数ヶ月前に予約して、ようやく先週末に届きました。

以前でしたら、すぐに開封して試写するところですが、
今回は数日、開封もせずに放ったらかし(笑)
ようやく、今日、開封してセット、何枚か試写しましたよ !

試写に当たっては、同じ中一工学のlens turbo IIを噛まして、
6.3倍/F1.4で撮影してみました。
如何でしょう ?
これは使えるかもしれません。
画質は悪くない印象です。
まぁ、中華メーカーではありますが、
元はMITAKON(三竹光学のヨーロッパ向けブランド)です。
30年の歴史があるそうです。

今回、手に入れたのは、Nikonマウントですので、
機会があったらD500でも撮影してみたいと思います。
高感度に強いNikonであれば、
また違った絵作りができるでしょう。
楽しみです。

E-M1 MARKII+M.30Macro
a0110584_21362614.jpg
a0110584_21362131.jpg
ピクセル等倍
a0110584_21361628.jpg
E-M1 MARKII+superマクロ
a0110584_21361146.jpg
a0110584_21360748.jpg
ピクセル等倍
a0110584_21360290.jpg
体長1mm程度の小さな甲虫です。
a0110584_21355832.jpg




by kame3z | 2017-06-11 21:38 | Photographマクロ | Comments(8)

ユリカモメの印象

OLYMPUSのE-M1MARKII+M.300F4に対抗できるのは、
この組み合わせでしょうか ?!

D500+サンヨン
a0110584_23241599.jpg
a0110584_23241230.jpg
a0110584_23240760.jpg
a0110584_23240327.jpg
a0110584_23240094.jpg
a0110584_23235591.jpg


by kame3z | 2017-06-05 23:24 | Photograph野鳥 | Comments(6)