フォトン

黄金の時2 (写真部門)

第一回プラチナブロガーコンテスト

黄金の時・輝く命
a0110584_20435135.jpg
a0110584_20434679.jpg
a0110584_20434113.jpg
a0110584_20433572.jpg
撮影日 : 2016年12月25日
撮影場所 : 兵庫県/伊丹市
使用機材 : OLYMPUS E-M1MARKII + M.12-100




by kame3z | 2017-01-27 20:47 | Photograph風景 | Comments(8)
Commented by のぶっち at 2017-01-27 21:39 x
E-M1 MARKIIと M.12-100の組み合わせ、かなりのものですね。動きに強そうでいて、解像感も凄いので
ハッとさせられました。
うーん、次なるレンズ。。。12-100を狙うか、それともパナライカ
12-60を狙うか・・12-100うーんすごいっす
Commented by namihei at 2017-01-28 09:07 x
12-100mmはこれだけ広い焦点域をカバー
できるレンズとは思えないですね!
うつりも素晴らしく、これ一本で
大抵のことには対応できそう!
Commented by smashige at 2017-01-28 20:37
美しい光をとらえていますね〜。
カメラの能力もすごいですが、フォトンさんの美意識のなせる技ですね。
↓の25mm F1.2もすごいですね。4枚目のススキは鳥肌が立ちましたよ。
Commented by kame3z at 2017-01-29 13:25
のぶっちさん
このカメラとレンズの組み合わせは最強ですよ !
このレンズのためにボディを手に入れるのもアリかと思います。

パナの12-60も良さげですが、
やはり100mm(換算200mm)はありがたいです。
Commented by kame3z at 2017-01-29 13:40
namiheiさん
このレンズは、ほとんど単焦点並み ! と言っても過言ではありません。
私がこれまで手に入れたレンズの中でも、
最強の部類だと思います。
あとは、500mmを待つだけです(汗)
Commented by kame3z at 2017-01-29 13:43
須磨重さん
この写真を撮るためには、
滑らかな水面が東側に開けている撮影環境が必要です。
残念ながら、昆陽池が閉鎖されたので、
今年は諦めるしかありません。

25mmの方はちょっと特殊ですが、
撮り方次第では、凄い写真が撮れそうな予感です。
Commented by 海牛 at 2017-01-30 09:13 x
フォトンさんの真骨頂!(笑
こういう幻想的な世界観を持ってるフォトンさんは、物を見る目が違うんですね。
自分は、こんな絵を撮ろうと思えないです。
でも、最近、こんな風にも撮れるなあと思ったりすることも。
フォトンさんのお陰です。
少し、視野?が広がりました。
「光沢」っていいですよね。
Commented by kame3z at 2017-01-30 21:38
海牛さん
私は、生き物と自然(陽光・水面・風等)が織りなす情景の撮影に嵌っております。
水面の波紋・水紋にキラキラと反射する陽光を見るとゾクゾクしますよ(笑)

野鳥を撮るのも良いのですが、
どうせ撮るのなら、美しい写真が撮りたいですね !
背景次第で、平凡な色彩の野鳥(スズメ等)の写真も芸術になります。
<< 妖精と水仙 (自由部門) 黄金の時 (写真部門) >>