フォトン

透明な色、透明な時間

11月初めに撮影した最後のダリアです。
この透明感のあるダリアを撮影するために、
5回以上ダリア園に通いました(笑)

E-M1+M.40-150
a0110584_23514604.jpg
a0110584_23514258.jpg
a0110584_23513331.jpg
a0110584_23512965.jpg
a0110584_23512796.jpg


by kame3z | 2015-12-18 23:52 | Photograph花・植物 | Comments(12)
Commented by somen at 2015-12-19 01:06 x
そうなんだ。。。フフッ(笑
文章を読んで、思わず口にしてしまいました(笑
すぐに、いや、でも、その突き詰める所がフォトンさんでしょ!と、自分に突っ込みいれましたが(笑
フェティシズム的な、その、何かを追い求める所は仕事にも生かされてるとか。

やっぱり、上手いっすね~
Commented by chiba at 2015-12-19 07:13 x
5枚目がいいですね。
小さい丸ボケに背景が真っ黒が何とも言えませんね。

ダリア園に5回以上も行ったのですか!
私も来年は頑張って行こうと思います。
Commented by at 2015-12-19 07:26 x
おはようございます~
5回以上も通われたのですね。
フォトンさんでも納得のいく写真を
写すためには何度も行かれるのですね。頭が下がります。
特に2枚目と3枚目が本当に綺麗で好きな写真です。
素晴らしいですね。ありがとうございました。
Commented by asogasuki at 2015-12-19 20:37
爽やかで嬉しくなるような写真ですね
こちらではパンジー位しかありませんので、久しぶりにフォトンさんの花を拝見して嬉しくなりました
Commented by mjiiji_hbaaba at 2015-12-19 22:23
ダリアが咲いている短期間に5回以上ですよね。いや~なんといいますか

こういう作品を撮りたいと思うか思わないかの違いと、それが撮れるまで突き詰めれるかどうかですね
どっちも私にはまだまだありません

いくら撮影こなしても足元にも及ばないと思いました
Commented by kame3z at 2015-12-20 20:36
somenさん
仕事に生かされているかどうかは甚だ疑問ですが(笑)
突き詰めて自分のスタイルにしていくパターンが多いですね !
写真では、波紋とか水面を利用した点光源ボケ、
前のシルエットとかユリカモメの飛翔もそうです。
単なる凝り性なのかもしれませんが。。。
Commented by kame3z at 2015-12-20 20:39
chibaさん
11月前後になると、山間では朝露が降ります。
朝早く行くと、ダリアの花にビッシリ付いているのですよ !
勿論、天気も良くなければなりません。
風が強いと、朝露は降りません。
この条件を捉えるのは、根気が必要かと。。。
Commented by kame3z at 2015-12-20 20:44
彩さん
私は、気に入った場所があったら、
何度も通い詰めて、自分が納得の行く写真を撮影します。
昆陽池などは何十回行っているか(笑)
時間があれば、もっと色々な所にも行きたいですが。。。
Commented by kame3z at 2015-12-20 20:48
さすらいのギターマンさん
その代わり、山(阿蘇)や川、棚田など、たくさん写真の題材がありますよね !
羨ましい環境だと思いますよ !!
ダリアと言っても、所詮、人間が改良したものです。
自然には敵いません。。。
Commented by kame3z at 2015-12-20 20:53
mjiiji_hbaabaさん
写真を撮る時には、なにかテーマ・課題を持って写さないと、
長続きしないと思います。
テーマを突き詰めてモノにしたときは、達成感が得られますよね !
勿論、プロの方が撮影した写真には、足下にも及びませんが。。。
Commented by いなきち at 2015-12-21 16:57 x
ダリアは大きな花で撮りごたえがありますが、結構構図が難しいですよね。
教科書的でないフォトンさんのお写真は、大変参考になります。
私的には最後から2番目が好きですが、最後の素敵です。

そろそろ主だった花とはお別れのシーズンですね。
冬場は何を撮ろうかと、毎年思案しています(笑)
Commented by kame3z at 2015-12-23 09:50
いなきちさん
大きな花になるほど、構図には苦労しますね !
大きな花は、色々試しましたが、
M.40-150くらいの望遠が一番良いようです。

私も最後から2番目が一番好きです。
前ボケ・後ボケが効果的に入ったと思っています。
冬場の撮影は、私の場合は、昆陽池通いになるかと思います(笑)
<< E-M1 深度合成 2 2015年宇宙の旅 >>