「ほっ」と。キャンペーン

フォトン

2014年宇宙の旅

オナガガモ君の2014年宇宙の旅です(笑)

さあ、太陽系を出発です !
a0110584_19412153.jpg
超空間に突入 !
a0110584_19411662.jpg
超空間を航行中 !
a0110584_19410969.jpg
やばい ! 超空間に乱流が。。。
a0110584_19411261.jpg
オッ ! 出口が近づいてきたかな ?!
a0110584_19410687.jpg
終点 ! 大宇宙 !! お疲れさまです(笑)
a0110584_19410252.jpg


by kame3z | 2014-11-03 19:45 | 日常的なこと | Comments(14)
Commented by inakichi88 at 2014-11-03 20:57
実に印象的な物語です!
きちんと筋ができているし、カメラの設定にも感心しました。
写真作家の誕生ですね!(笑)
Commented by kame3z at 2014-11-03 23:10
いなきちさん
ただ見せるだけでは面白くないので、
ちょっと遊んでみました(笑)
最初から、このストーリーを考えて撮影した訳ではありませんが、
異次元的な描写は意識しています。
それに答えてくれたカメラとレンズは、
やはり、使い慣れたOLYMPUSでした。
Commented by at 2014-11-03 23:33 x
こんばんは~
トップの写真が素敵ですね。
きらきら宝石の中に浮かぶ鳥
銀河系の中の鳥ですね^^;
Commented by somen at 2014-11-03 23:36 x
オナガガモ。
ほんの数枚、夏羽が残ってますね。
水面が写る時は、モヤモヤしますね。
冬鳥到来ですね。
Commented by mjiiji_hbaaba at 2014-11-04 00:12
水面、なぜこのようにいろいろ変えれるのか、物凄く悩みます

撮影条件見ても良く分かりません
重点測光で測光場所にも関係があるのでしょうか?

なんだか、今夜は寝れないかも知れません
(寝る前に見なきゃ良かった^^; ボソ)
Commented at 2014-11-04 20:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tkckphoto at 2014-11-05 06:07
水面の質感がたまりません。
そしてストーリーがとても新鮮です。
撮りたいですね~
Commented by kame3z at 2014-11-05 22:10
彩さん
一番最初の写真がお好きですか ?!
キラキラが星のようですよね。。。
私の撮影術・十八番です(笑)
Commented by kame3z at 2014-11-05 22:13
somenさん
私はなかなか珍しい野鳥を撮影できないので、
ありふれた野鳥をいかに美しく見せるか ?!
腐心しております(笑)
Commented by kame3z at 2014-11-05 22:18
mjiiji_hbaabaさん
この写真は、設定を見てもわかりませんよ(笑)
水面の波紋を撮っているのですから。。。
波紋は、風や水鳥が引き起こす波や
水面に映る影等で、色々な模様ができます。
これを背景にして撮影します。
私が一番好きな撮影・描写ですね !
Commented by kame3z at 2014-11-05 22:26
鍵コメさん
お使いのレンズでも、工夫をすれば、
ほぼ同じ描写が得られます。
ただ、漫然とシャッターを押しただけではダメです。
構図(背景)と光の入れ方・撮影のタイミングが重要です。

Commented by kame3z at 2014-11-05 22:29
tkckphotoさん
私は、山の風景を撮りたいですよ(笑)
まぁ、近くにこんな水鳥の楽園があって、
恵まれているとは思いますが。。。
Commented by mjiiji_hbaaba at 2014-11-06 13:08
撮影のマジックです

奥が深いですね

最初のニコンカレッジ:ポートレイトでサブで来られてた佐藤倫子フォトグラファーの作品は、写真を利用した絵画というか、アートというか、独特の世界があります
当時、こういうのもあるのだなあと思ったのを思い出しました
Commented by kame3z at 2014-11-06 22:35
mjiiji_hbaabaさん
ちょっとした工夫で、こんな写真は撮れますよ !
特に水面などは、初歩的な異風景入門だと思います。

10年以上前は、よくソフトを使ったデジタルアートに挑戦しましたが、
無機的な世界に飽き、今では、極力画像調整はしないようにしています。

<< 月の撮り比べ 仲の良いダイサギとアオサギ >>