フォトン

春爛漫

そろそろ水仙も終了ですね !
近くの花壇では、チューリップが咲き始めました。
桜は満開です。
いつの間にか桃の花も咲き始めましたよ。。。
春爛漫 !

Df+Ai AF DC-Nikkor 135mm f/2D+接写リング
a0110584_13245570.jpg
a0110584_13245336.jpg
a0110584_13245186.jpg
a0110584_13244719.jpg
a0110584_13244516.jpg


by kame3z | 2014-04-05 13:25 | Photograph花 | Comments(6)
Commented by ライカ大好き at 2014-04-05 21:05 x
いやー参りますね!こんなに美しく撮影されてしまうと。
ここまで写せる自信はありませんが、このレンズが欲しくなる自信は
完璧になりますね。(笑)
Commented by inakichi88 at 2014-04-06 00:53
2枚目など拝見すると、ちょっと現像が難しいレンズなんでしょうか。
少し色が薄い気もするので、コントラストを上げたい気がしますが、コントラストを付けすぎると味わいがなくなりそうですねぇ。

いずれにしろ、運用が難しそうですね。
フォトンさんクラスじゃないと、使いこなせないように思います。
ワタクシには無理そうです(涙)
Commented by kame3z at 2014-04-06 10:21
ライカ大好きさん
このレンズで写していて感じたのですが、とてもウェットなんですね !
コントラストや解像度よりも、階調性を重視しているのでしょうか ?
逆光にもそれほど強くないと思いますが、
ともかくボケと瑞々しい発色が素晴らしいです。
多分、解像度とボケは相反する特性なんでしょうね。。。
使いこなしがちょっと難しいレンズだと思いますが、
(サンヨンと合わせて)Nikonの銘玉と断言できます。
Commented by kame3z at 2014-04-06 10:28
いなきちさん
発色が薄いのは、Nikonの特徴かと(笑)
私は、OLYMPUSのカメラでそのレンズの質を確認していますが、
E-M1で撮影すると、とっても濃厚です。。。
と言うか、Nikonのレンズの中では、
サンヨンと同様に暖色系の発色だと思います。
あと、どちらかと言うと、階調性重視で、滑らかさが売りのレンズですね !
これでコントラストを上げてしまうと、
Gレンズのようにドライな描写になってしまうと思います。
現像はあまり手を加えず撮って出しが一番のようです。
下手に触ると、このレンズの描写の良さが失われてしまいます。
そんな意味では、(撮影は難しいですが)加工は楽かもしれません。
Commented by tkckphoto at 2014-04-07 17:57
こちらはそろそろ水仙が咲き始める時期になりました。
私には使いこなせないかもしれませんが、興味のあるレンズです。
Commented by kame3z at 2014-04-09 21:20
tkckphotoさん
北海道では、水仙が咲くのは今頃だったような記憶があります。
ということは、お住まいのところは北海道と同じ気候(汗)
<< フォクトレンダー NOKTON... 光とマクロの饗宴 >>