「ほっ」と。キャンペーン

フォトン

陸前高田市立博物館

一昨年の3月に津波の被害で壊滅的な被害にあった陸前高田市ですが、
この市には、50年以上もの歴史を誇る総合博物館がありました。
この博物館も津波に襲われ、貴重な収蔵資料も壊滅的な被害を受けました。
この博物館で展示されていた蝶の標本を、
伊丹市昆虫館で修復作業を行なっているそうです。
とても根気のいる作業のようですが、
ボランティアでやっておられる方もいらっしゃるそうで、
本当に頭が下がりますね。。。

D800+トキナ100Macro
a0110584_19255254.jpg



a0110584_19255012.jpg



a0110584_19254783.jpg



a0110584_19254441.jpg



a0110584_19254194.jpg


by kame3z | 2013-02-15 19:26 | 日常的なこと | Comments(8)
Commented by カタチン at 2013-02-15 21:34 x
鱗翅目の翅の洗浄って、凄いですね…普通なら鱗粉までとれちゃいそうですけど…(^_^;)
イボタガの標本が~!見てみたいです!
Commented by のぶっち at 2013-02-16 00:31 x
いつまでも忘れてはいけない出来事ですね。

まだ2年も経過していないのに、少しずつ自分の中で風化しているのが怖いです。

それにしても、標本もこんな風に修復したりするもんなんですね。かなり驚きですね。
Commented by monja3939 at 2013-02-16 06:32
私も親戚とか友人をなくしました。ボランティアにも行ってきました。
ボランティアに来ていた若い人たちも一生懸命でしたよ。
実際、日本人は凄いなぁとつくずく思いました。復旧、復興が早く
終わることを祈っております。
Commented by kame3z at 2013-02-16 17:56
カタチンさん
この昆虫館の標本のライブラリーもスゴいですよ !
今度、写真に撮って紹介しますね !!
修復作業は、とても根気のいる作業でしょうね。。。
私も挑戦してみたいですが、根性無しだからダメでしょう(笑
Commented by kame3z at 2013-02-16 18:00
のぶっちさん
あの光景は、今でも脳裏に刻みついています。
いつか、自分も同じ体験をするのではないか ?!
そんな恐怖感から離れることはできません。
忘れた頃に。。。と言いますから、
ある意味、良いことなのかもしれませんが !
Commented by kame3z at 2013-02-16 18:09
仙人さま
ご親戚、ご友人を亡くされましたか ?!
このような災害で亡くされると、なにかやり切れない思いがしますね。。。
ボランティアも行かれましたか ?!
私も行きたかったです。。。
Commented by inakichi88 at 2013-02-16 22:40
もちろん人々の暮らしが第一ですが、このような文化財の復興もまた、大事なことですね。
他にもまだまだ我々が手助けすることがありそうですね。
Commented by kame3z at 2013-02-16 23:07
いなきちさん
少なくとも、枯れた一本松を1億5千万円も掛けて復活させるよりは、
遥かに意味があることのように感じます。
<< 光り溢れて ED60Macroで撮る蝶たち >>